構造・性能  〜計画換気システム〜

structure and performance

強固な構造と高気密・完全外断熱・計画換気で安心快適・省エネルギー性能の高いエコ住宅

イーワンホーム株式会社は、これまでの日本の木造住宅における伝統的、かつ優れた工法である在来工法を基本により強く、安定した構造材と高性能な工法の採用によって強度としなやかさを追求し外断熱工法と高気密化、24時間計画換気とのトータルバランスによって省エネルギー性の高い健康住宅を実現しました。

高耐久構造躯体
高耐久構造躯体
安心の基礎構造
安心の基礎構造
高気密・高断熱住宅
高気密・高断熱住宅
計画換気システム
計画換気システム
Low-eサッシ
Low-eサッシ
グレードアップ仕様(ダブル断熱・トリプルサッシ)
グレードアップ仕様ダブル断熱トリプルサッシ

計画換気システム

24時間計画換気システムで快適空気環境

高性能の断熱材と気密施工で、高気密高断熱住宅を実現しても、換気をおろそかにしてはただの息苦しい住宅にしかなりません。住まいの中では調理や入浴、皆様の発汗作用でも水分や臭気が発生します。高気密な住まいでこれを放っておけば、臭気によっては不快な環境になり、水分(湿気)は建物の内部に蓄積され、結露などの悪影響が予想されます。高気密高断熱住宅は、計画的な換気システムの導入によって、初めて十分な高性能を発揮するのです。

イーワンホームは基礎、壁、屋根に断熱材を施し、気密シートと気密テープによって高気密高断熱を実現しています。換気システムは、吸気と排気を同時に行う第1種換気システムを採用し、建物全体の空気を2時間に1回入れ替え、常に新鮮な空気環境を保つようにしています。給、排気口の位置を建物の間取りや環境に併せて配置し、吸気、排気を強制的に行い、部分的な空気のよどみが発生しないよう考慮しています。各階ごとに熱交換機能付の換気ユニットを配置し、必要換気量の確保と共に、せっかく空調(冷・暖房)した空気の熱を外に逃がすことなく、新鮮な空気だけの導入を実現します。単純な換気ユニットの場合、熱交換率は“0”ですが、イーワンホームの熱交換率は70%。高効率化で家計にも優しい住宅です。

室内換気

室内部分は、各階の天井裏に熱交換率70%の換気ユニットを配置。計画換気で常に新鮮な空気を取り入れ、快適な住空間を実現、室内で発生した水分(湿気)も換気によって室外に排出し、結露防止や臭気の停滞、対流も防ぎます。

床下換気

イーワンホームの住まいは基礎断熱を採用し、基礎部分から外気を遮断しています。床下部分は生活空間でないからといって換気をおろそかにすると、そこから大きな問題が発生します。土間下部分は気密シートを敷き込み、そこからの湿気の侵入は防いでいますが、コンクリートは、住まいの完成後も乾燥し続け、約1年間は水分が蒸発しています。換気をとらなければ、その湿気を帯びた空気が床下に停滞して、結露が発生したり、土台や床下地の木材がその水分を吸い込んでカビが発生したり、構造躯体の強度低下につながってしまうのです。外断熱(基礎断熱)工法を採用している住宅会社様でも床下換気を行っていないところもありますが、イーワンホームは床下に強制換気システムを導入し、住まいの完成後に発生する湿気の排出を行ない、長く、安心して住まえる工夫をしています。

▲ このページトップへ