構造・性能  〜高気密・高断熱住宅〜

structure and performance

強固な構造と高気密・完全外断熱・計画換気で安心快適・省エネルギー性能の高いエコ住宅

イーワンホーム株式会社は、これまでの日本の木造住宅における伝統的、かつ優れた工法である在来工法を基本により強く、安定した構造材と高性能な工法の採用によって強度としなやかさを追求し外断熱工法と高気密化、24時間計画換気とのトータルバランスによって省エネルギー性の高い健康住宅を実現しました。

高耐久構造躯体
高耐久構造躯体
安心の基礎構造
安心の基礎構造
高気密・高断熱住宅
高気密・高断熱住宅
計画換気システム
計画換気システム
Low-eサッシ
Low-eサッシ
グレードアップ仕様(ダブル断熱・トリプルサッシ)
グレードアップ仕様ダブル断熱トリプルサッシ

高気密・高断熱住宅

外断熱による高気密・高断熱住宅万全対策で結露をシャットアウト

“健康・省エネ住宅”
夏涼しく、冬暖かい、クリーンで理想的な快適空間作りには、
 (1)気密
 (2)断熱
 (3)換気
のトータルバランスが重要です。
どれか1つでも性能が悪いと、結露の発生、空気のよどみ、省エネ性能の低下(光熱費の無駄づかい)など、住環境の悪化や、性能、耐久性の低下につながってしまいます。イーワンホームでは気密性と断熱性を十分に確保し、次世代省エネルギー基準を満たす快適住環境をご提案いたします。
“内・外断熱の比較”
断熱工法には内(充填)断熱と外断熱の2つの工法があります。内断熱工法は、建物内部の柱と柱の間・構造躯体の隙間を断熱材で埋めるような方法で、断熱材はグラスウール等の充填断熱材が主流です。外断熱工法は、まさしく言葉の通り、建物の外側(柱と外壁の間)に断熱材を設け、家全体を断熱材で覆ってしまう工法です。内断熱工法では断熱材と柱等の間や、コンセントBOX周辺に隙間が出来たり、外部からの熱や冷気が、外壁⇔柱⇔内壁(熱橋)と伝わり、熱損失が大きくなってしまいますが、外断熱工法は外壁のすぐ内側に断熱材を設け、建物全体をスッポリと包み込むため、外壁から内側に、また逆に内側から外側へ、熱や冷気が伝わりにくく、熱損失が少ない構造です。構造材を含めた壁の内部の温度も室内側と同じに保たれますので壁内部に結露が発生することもないのが特徴です。さらに外断熱にした場合、建物の構造躯体や床、壁が蓄熱体となるため、省エネルギー性能の向上につながります。
“イーワンホームの外断熱工法”
イーワンホームの高気密高断熱住宅は基礎の内・外にそれぞれ50mm、壁に50mm、屋根部分には65mmと50mmの断熱材をダブルに施した完全外断熱工法を採用。気密シートと気密テープの併用で十分な気密性を確保し、理想的空間を実現します。外部からの熱は断熱材で遮断し、唯一、外部熱の影響を受ける外壁に関しては、内側に通気層を設けた通気工法の採用により、外壁と断熱材の間の熱をそこから排出、室内への影響を軽減します。イーワンホームの外断熱工法は屋根裏も断熱され、室内と同じ環境を保てますので、ロフトや収納庫など、屋根裏部分の有効利用も可能で、天窓の配置やプランニングの幅も大きく広がります。
▲ このページトップへ