構造・性能  〜安心の基礎構造〜

structure and performance

強固な構造と高気密・完全外断熱・計画換気で安心快適・省エネルギー性能の高いエコ住宅

イーワンホーム株式会社は、これまでの日本の木造住宅における伝統的、かつ優れた工法である在来工法を基本により強く、安定した構造材と高性能な工法の採用によって強度としなやかさを追求し外断熱工法と高気密化、24時間計画換気とのトータルバランスによって省エネルギー性の高い健康住宅を実現しました。

高耐久構造躯体
高耐久構造躯体
安心の基礎構造
安心の基礎構造
高気密・高断熱住宅
高気密・高断熱住宅
計画換気システム
計画換気システム
Low-eサッシ
Low-eサッシ
グレードアップ仕様(ダブル断熱・トリプルサッシ)
グレードアップ仕様ダブル断熱トリプルサッシ

安心の基礎構造

地盤調査データに基づいた安心の基礎構造

基礎はまさに住まいの礎(いしずえ)。構造躯体をいくら強固にしても、それを支える基礎がしっかりしてなければ安心できる住まいづくりはできません。
しかし、基礎の下には地面があり、その地面(地盤)が軟弱であれば、いくら基礎を強固にしても建物が傾いてしまいます。
イーワンホームはそれぞれの住まいの建築現場ごとに地盤調査を行い、その調査結果に基づいた最適かつコストバランスの良い土地改良工法と、それに合わせた基礎構造をご提案いたします。
(施行例:ベタ基礎のみ、地盤改良+布基礎)

イーワンホームの基礎は、幅150mmのワイド仕様を採用し安定性を強化するとともに、地盤改良工法にかかわらず、土間部分には0.2mm厚の防湿シート敷き込みと150mm厚の防湿コンクリートを打設し、建物下部地面からの湿気の進入をシャットアウト。床下換気システムとの併用で床下部分から健康快適な住環境を実現します。

地震調査は全棟実施、適切な補強方法をご提案

高耐久ベタ基礎を採用することで、住まいの安定立地と不等沈下の防止には大きな効果を発揮しますが、それだけで全ての建設地についての地盤対策が万全だとは言えません。秋田市は旧市街地や海岸付近の砂丘地盤地を除いては田んぼだったところが多く、建設地によっては地盤の弱いところがあり、その場合基礎下部への地盤改良・補強工事が必要となります。イーワンホームではお客様個々の建築地に対して、建物の配置に併せて地盤調査を行い、適切な地盤改良、補強方法をご提案いたします。もちろん、地盤改良工事に関しても万全の10年保障をいたします。

土壌と構造材、ダブルのシロアリ対策、防蟻工事が必要

基礎工事と構造材の建て方に際して、シロアリ対策の防蟻工事が必要です。イーワンホームは基礎工事前の土壌部分と構造材の両方に防蟻処理を施し、万全の対策をしております。

シロアリは土中から基礎・束を経て侵入する場合が最も多いことから、土壌処理が最良の効果を発揮します。基礎下部の砕石敷き込み、転圧後に、土壌に対して薬剤散布し、シロアリの発生を防ぎます。

柱・筋かい・土台・大引など、地面から1m以内の(但し見えがかり部の柱等は除く)部分の木材に床板をはる前に、薬剤を塗布します。ダブル防蟻で見えない部分の安心もお約束いたします。

▲ このページトップへ